昔のオイルと今のオイル

お気に入りで毎日使ってた

テラクオーレのダマスクローズ クレンジングミルク

コレ使ってマッサージしてると、お肌が本当に調子良くて

近年にない、お気に入り商品になったのですが、ちょうど母が

「もう、クレンジングないんやけど、そっちにないか?」

って言ってきたので、仕方なく、ダマスクローズクレンジングミルクを母にあげました。

で、使い心地を聞いてみると・・・

「いいのはいいんやけど・・・・」という返事。

で、私が「どうなのよ?」と聞くと、

「昔のクレンジングは油ギトギトで肌がしっとりしたのに、

今のはサッパリするから物足りない」

という返事。

確かに母が若いころ使ってたクレンジングって、

油ギトギトでしたよね。

今のはクレンジングじゃなくても、オイルそのものでもギトギトで

ベッタベタになるオイルなんてないですよね。

「それだけ、化粧品に使われるオイルが良質なオイルになってきたっちゅうことよ」

と母に言ったんですけどね。

私がこれまで使った、

ホホバオイル

●DHCのオリーブオイル

●HABAのスクワランオイル

●その他ブレンドオイル

これらのオイルでも、べたつくオイルって1つもなかったです。

オイルって聞くと、「ベタつくのでは?」と思いがちですが、最近のオイルは

そうでもないですね。

うちの母はいつまでも、昔の使用感を引きずってますが、

それだけ商品の品質が良くなったということではないでしょうか?

あぁ~、毎朝のクレンジング洗顔。調子良かったのになぁ・・・。

また何かいいもの探そ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする