紫外線対策間違ってませんか?正しい紫外線対策

7月23日に放送されたフジTVの朝の番組

「とくダネ!」の真相チェイスというコーナーで

『間違ってませんか?紫外線対策』ということで、

正しいと思ってやってる紫外線対策も実は間違ってた方法だったというような内容の

放送をしてました。

と、その前に、注文してるザクロ精炭酸シャンプーですが、

1つ目のショップで注文したら、お取り寄せ賞品ということで、1週間くらいかかると言われ

キャンセルしました。

2つ目のショップで注文してるのですが、2日たっても“発送完了メール”が来ないので

ちょっと心配です。早く使ってみたいんですけどねぇ。

それでは、とくダネ!で紹介された正しい紫外線対策です。

正しい紫外線対策

日焼け止めクリームの塗り方

紫外線対策の1番はなんと言っても日焼け止めクリームですよね。

でも、間違った付け方をしていると、効果なし!

日焼けどころか、シミやシワの原因にもなってしまいますので、

正しい方法でキチンと日焼け止めクリームをつけましょう。

  1. 日焼け止めクリームは500円玉くらいの量を出す。
  2. 額・両頬・鼻・アゴにのせる
  3. 肌にすりこむのではなく、指先で軽くたたくように肌にのせる感じでのばしていく。

SPFの数値やPAの+の量にも違いがありますが、

1度塗ったらOKじゃなくて、時間をおいてまた塗り直すようにしましょう。

紫外線対策のサングラスの選び方 色の薄いサングラスを選べ!

もともと、シミや日焼けは紫外線が目に入ることで起こると言われています。

なので、目を紫外線から守るにはサングラスが一番なのですが、

サングラス選びもきちんと選ばないと効果が無いそうです。

よくありがちなのが、真っ黒のサングラスを選んでかけてる方。

最近のサングラスも紫外線カット効果があるものも多くなってきましたが、

同じ紫外線カット率のサングラスなら、色の薄いレンズを選んだ方が

紫外線カット効果が高いのだそうです。

色が暗めのサングラスをかけたら、瞳孔が開き、ダイレクトに

眼の網膜に影響が出るそうです。

レンズの色が暗い分、光を取り込もうとして瞳孔が開き、結果、ダイレクトに

影響が出てしまうのだそうです。

なので、サングラスを選ぶ時は、レンズの色の薄いものを選ぶこと!

日傘の色の選び方

日中、外出時は日傘を使われる方も多いと思いますが、ココも要注意!

薄い色の日傘を使うと、紫外線が反射して反射した紫外線が

お肌の直撃!なので、薄い色の日傘を選ぶのはやめましょう。

サングラスのレンズは薄く

日傘の色は濃く

また日が下に入ると、日傘をたたんでしまう方がいますが

日陰でも紫外線はきてますので、日陰だからと言って油断せずに

日傘はさしておきましょう。

服の色の選び方

紫外線対策は、服の選び方も重要です。

白い服は紫外線を通してしまうので、効果なし!

黒い色のほうが紫外線対策になります

また、ポリエステル色別紫外線カット率は、

黄色が約96%、赤色が約90」%、青色が約85%だそうです。

意外にも、紫外線対策に効果がある色は、

黄色なんだそうです。

紫外線対策は正しい方法で行いましょう。

シミ・シワはもちろんですが、その他にもいろいろと影響がでます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする